【太陽礼拝Aの動画】その効果とコツ、12の各ポーズを解説!

今回は、「太陽礼拝A」の動画を投稿したので、補足部分やそれぞれのポーズのやり方コツをこちらの記事でご紹介していきます。

この動画の太陽礼拝Aは、初心者向けの簡単バージョンです。

ぜひチャレンジしてみましょう。

>>「太陽礼拝A」の動画はこちら

太陽礼拝Aの効果

まずは、太陽礼拝Aの効果をおさらいしていきましょう。

●全身の活性化

●関節の柔軟性アップ

●血行促進

●美容効果

●精神面へのプラス効果

まず、朝の爽快感がとっても高まります

血行促進と代謝アップ、ストレス解消に大きな効果があるんです。

代謝アップダイエット効果を高めて、太りにくいからだをつくれますし、血行促進美容や冷え性に、ストレス解消は前の日のいやのことを持ち越さずに1日を穏やかにすごすことができるようになります。

もちろん人それぞれではあります。

実際に1週間ほどつづけてもらうと、効果を感じ始めるんじゃないかとおもいます。

人が変わったように1日をストレスなく快適に楽しくすごせるかもしれません!

そして太陽礼拝Aをおこなうときには、ポイントをおさえることでより高い効果が期待できまるんです。

太陽礼拝Aで意識するポイント解説

太陽礼拝A全体をとおしてのポイントはやはり呼吸です。

動画はこちらのリンクからとべます。

>>「太陽礼拝A」の動画

太陽礼拝Aのポーズの順番

ポーズ名 サンスクリット語
山のポーズ タダーサナ
手を上にあげるポーズ ウールドヴァ・ハスタ・アーサナ
深い前屈のポーズ ウッタナーナーサナ
半分の立位前屈 アルダ・ウッターナーサナ
板のポーズ クンバカアーサナ
四肢で支える杖のポーズ チャトゥランガダンダーサナ
上向きの犬のポーズ ウールドゥヴァムカシュバーナーサナ
下を向いた犬のポーズ アドームカシュヴァーナーサナ
半分の立位前屈 アルダ・ウッターナーサナ
深い前屈のポーズ ウッターナーサナ
手を上にあげるポーズ ウールドヴァ・ハスタ・アーサナ
山のポーズ タダーサナ

太陽礼拝Aの12ポーズのやり方

①山のポーズ

頭上からひっぱられるような感覚で背筋を伸ばします。

肩の力を抜いて、腰をまっすぐ正面に。

お腹をぐっと引き寄せて、お尻はつきでないように。

胸を開いて、目線は優しく前へ。

静かに呼吸をします。


いまの心の状態をみつめてみましょう

②手を上にあげるポーズ

息を吸いながら両手を天井へ。

目線も天井へ向けましょう。


このとき肩に力が入りすぎないようにリラックス

③深い前屈のポーズ

前へ深い前屈のポーズです。

息は吐きながら、気持ちいいと感じるところまででだいじょうぶです。


前屈のとき、膝が曲がってもかまいません

④半分の立位前屈

前屈の体勢から、息を吸いながら背筋を伸ばします。

顔をあげて、目線を前方に。


首が詰まりすぎないようにやさしく前を向きましょう

⑤板のポーズ

息を吐きながら床に手をつき、息を吸いながら足を後ろに歩かせます。

身体を一直線にしてから、腕も伸ばした態勢へ。

このとき目線は床です。


首や肩に力が入りすぎないように気をつける

⑥四肢で支える杖のポーズ

腕を伸ばした体勢から、からだはそのままで息を吐きながら腕だけ曲げて降ろします。


腕がなるべく直角になるように意識

⑦上向きの犬のポーズ

⑥のポーズから、さらにからだを降ろしてお腹と足の甲を床につけます。

そこから息を吸いながら前方へ状態をスライドさせつつ、手でマットを押して目線をななめうえへ。


このとき恥骨、腿、骨盤は浮かせた状態にします

⑧下を向いた犬のポーズ

息を吐きながら、四つん這いの体勢へ。

そこから足の指を立て、おしりをうしろへ引きます。

さらに、息を吸いながらおしりを高く持ち上げます。

ひざは曲がっても大丈夫です。

ここで動きを止め、呼吸を5回くりかえしましょう。


背中はそらないように腹筋に力を入れる

⑨半分の立位前屈

息を吸いながら頭を起こし、吐きながら床についた手と手の間まで歩きます。

④と同じポーズです。

息を吸いながら背筋を伸ばして目線をかるく前へ。


首がつまってしまわないように軽くです

⑩深い前屈のポーズ

③と同じポーズです。

息を吐きながら前屈をします。

気持ちよく感じるところまででじゅうぶんです。


ここでもひざは曲げたままでだいじょうぶ

⑪手を上にあげるポーズ

息を吸いながら上体を起こし、手を上へ。

目線は天井へ。


上体を起こしてバンザイまで一呼吸でおこないます

⑫山のポーズ

①と同じく、頭上からひっぱられるような感覚で背筋を伸ばします。

肩の力を抜いて、腰をまっすぐ正面に。

お腹をぐっと引き寄せて、お尻はつきでないように立ちます。

目線は優しく前へ。


以上が太陽礼拝の一連の流れです。

呼吸を整え続けて3セットおこなうのが基本になります。

太陽礼拝Aの動画

これまでのポイントやコツを読み、踏まえたうえで次は動画を観ながら太陽礼拝Aをおこなってみてください。

まとめ

1日を元気にスタートさせたい朝、やる気を出したい朝におすすめ。

からだがエネルギッシュになり、その日の活動のパフォーマンスがあがります。

まずはり返しおこなってポーズを覚えましょう。

ポーズをある程度覚えてから細かい動きの調整をおこなうとより効果がアップしますよ!


ゆいこヨガチャンネル

YouTubeへ

よかったらチャンネル登録お願いします


  • この記事を書いた人

YUICO

元ヨガ講師。産後の体型を改善しようと自主トレを続け、物足りずジムに通うも、育児・仕事との両立が大変に。そこでオンラインフィットネスに出会う。ライフスタイルを大切にしながら、現在164cm,52kg,体脂肪21%と健康的で女性らしい数字を手に入れ、フィットネスの魅力にハマる。

-自宅ヨガ