股関節が硬いことが原因?スカーサナ(あぐら)ができない理由は5つ

スカーサナ(あぐら)のときに膝が浮いてしまったり猫背になってしまったり上手にポーズが取れない方は結構いらっしゃいます。

スカーサナをうまくできない方の大半が、[股関節や足首・太ももなどに痛み]を感じてしまい、膝をおろせない状態になります。

しかし、前向きにとらえれば原因がはっきりすれば対処が可能です。
いったいその原因がどこにあるのか、主な原因を5つあげていくので自分の状態と照らし合わせてみましょう。

スカーサナができない理由5つ

①骨盤が歪んでいる
②肩甲骨の柔軟性が足りない
③股関節周りの筋肉に柔軟性が足りない
④おしり周りの筋肉に柔軟性が足りない
⑤股関節が変形している

①骨盤が歪んでいる

股関節は太もも部分の大腿骨が、骨盤のくぼみにはまるような形になっています。

股関節の歪みは「前傾」と「後傾」の2パターンあります。
骨盤が前に傾いてしまっていても、後ろに傾いてしまっていても、大腿骨が適切な位置にないことが、股関節の動きを制限する原因となります。

骨盤の傾きで変わるあぐらへの影響

骨盤が前傾になってる場合

・腰が反って状態は上向きに
・あぐらを続けていると腰が痛くなる

骨盤が後傾になっている場合

・猫背になる
・後ろに倒れそうになる
・膝が浮く

②肩甲骨の柔軟性が足りない

一見関係ないようにみえる肩甲骨。

実は股関節と連動しているんです。
肩甲骨の動きが悪いということは、股関節の動きも悪いということです。

その逆も然り

スカーサナを難なくできるようになるためには、下半身ばかりに気を取られず肩甲骨にもアプローチしていくことが大切です。

③股関節周りの筋肉に柔軟性が足りない

股関節の周りの筋肉は、膝が浮く原因として特に大きい要因です。
股関節の柔軟性の足りなさは、足が上がらないことにつながり、太ももやお尻の筋肉の衰えにも影響を与えます。

その結果、代謝が下がり、血行が悪くなりリンパの流れを悪くし、セルライトが…と良いことなんてひとつもないのです。

④おしり周りの筋肉に柔軟性が足りない

股関節周りと同様に、お尻の筋肉の柔軟性のなさも大きな原因のひとつ。

お尻の筋肉の柔軟性の有無も、先ほど③であげたさまざまな悪影響につながっていきます

⑤股関節が変形している

股関節が変形していると、あぐらをかいたときに股関節自体が痛みます。
このパターンで痛みが気になる場合は、整形外科のお医者さんに診てもらい、治療することが必要です。

原因箇所にトラブルを抱える方へ

例えば、膝や股関節に痛みがあったり疾患がある場合はヨガの他のポーズにも当てはまりますが、無理をしてはいけません

できるところまでで十分なので、頑張りすぎないでください。

体のトラブル改善のために始めたヨガが、より悪化する原因となってしまいます。

スカーサナができない理由を解決に導く3つの動画

では実際に自分が何が足りないかを把握したうえで、自分に合った動画で自宅で簡単にできるヨガをおこなってみましょう。

股関節周りの筋肉の柔軟性を上げる動画

この動画の他の効果

●冷え性改善
●猫背改善
●下腹を引っ込ませる
●股関節のゆがみ矯正
●内臓機能向上

お尻の筋肉の柔軟性を上げる動画

この動画の他の効果

●冷え性改善
●姿勢矯正
●リンパの流れ改善
●セルライト予防
●股関節の可動域を広げる

月礼拝もおすすめ

月礼拝は骨盤の歪みを整えるヨガとして有名です。

さらに、夜寝る前におこなうことで、リラックス効果を得ることができて、睡眠の質を上げるサポートをしてくれます。

スカーサナができない理由まとめ

スカーサナができない理由

①骨盤が歪んでいる
②肩甲骨の柔軟性が足りない
③股関節周りの筋肉に柔軟性が足りない
④おしり周りの筋肉に柔軟性が足りない
⑤股関節が変形している

今回の記事で、自分の体の状態に気づくことができましたか?

いまの状態に合ったヨガをおこなえば、効率よく目標の自分へと近づくことができます

ただ、無理をして体を痛めるのは本末転倒です。
ほどよく気持ちのいい範囲でおこないましょう!

ゆいこヨガチャンネル

YouTubeへ

よかったらチャンネル登録お願いします


  • この記事を書いた人

YUICO

元ヨガ講師。産後の体型を改善しようと自主トレを続け、物足りずジムに通うも、育児・仕事との両立が大変に。そこでオンラインフィットネスに出会う。ライフスタイルを大切にしながら、現在164cm,52kg,体脂肪21%と健康的で女性らしい数字を手に入れ、フィットネスの魅力にハマる。

-自宅ヨガ