ヨガポーズで猫背改善!姿勢を正して気持ちも前向きになる動画

猫背」は、姿勢が悪く自信がなさげにみえたり、見た目もあまりよくありません

わかってはいるけど、なかなか改善することができない人がほとんどではないでしょうか。
さらには、肩こりや腰痛など身体の不調にもつながってしまいます。

今回は、猫背の原因と、猫背を改善するためのヨガ動画のご紹介です。

ぜひこの機会に猫背矯正を目指しましょう。

猫背はどういう状態?

猫背」は頭が肩より前になる姿勢です。

チェック方法としては壁を背にして楽に立ってみてください。
このときに後頭部が壁についていなかったり背中を反らせなければ後頭部を壁につけられない状態の場合は猫背であるといえます。

猫背になってしまう原因

猫背になってしまう原因主に3つあります。

骨盤が歪んでいる

骨盤が前にずれていても、後ろにずれていても猫背の原因となります。
骨盤の上に乗った上半身は、バランスを取ろうとして背骨が丸まり、頭が肩より前にでてしまって猫背の姿勢になってしまうんです。

日常生活の前傾姿勢

現代人は、スマホやデスクワークで前傾姿勢になることが多いです。
前傾姿勢になると、腹筋も背筋も縮んであまり使われなくなります。

その生活が続くと、筋肉が弱まっていってしまいます。
結果的に頭を支える背骨の筋肉も弱まってさらに前かがみになってしまいます。

インナーマッスルが弱い

そもそもインナーマッスルが弱いことが、骨盤の歪みやスマホ首などの前傾姿勢を引き起こしています

インナーマッスルは背骨付近腿の筋肉などの深層部分の筋肉。
身体を支える根幹」といっても過言ではありません。

猫背が引き起こす体の不調

猫背はさまざまな体の不調の原因となりかねません。
具体的には、[肩こり・腰痛・冷え性・頭痛・眼精疲労・便秘]などです。

頭を支える役割があるのは骨格と筋肉。猫背の状態だと、本来支えるはずの骨格が機能せず筋肉だけで頭を支えることになります。
筋肉ばかり不可がかかりすぎると、コリ固まりやすくなり「肩こり・頭痛」に繋がってしまいます。
そして、肩や首周辺の筋肉がコリ固まると、目や頭に繋がる神経が圧迫されて、「頭痛や眼精疲労」に。

また、猫背による体のゆがみで血管が圧迫されるため、血流やリンパの流れが悪くなり、「冷え性」に繋がります。

便秘」も猫背によって引き起こされる可能性があります。
それは、前かがみ気味の体勢が、腹部を圧迫し、胃腸の働きを妨げてしまうからです。

猫背改善で得られる6つのメリット

猫背改善で得られる主なメリットを6つご紹介します。

体の不調改善

先ほどご説明した[肩こり・腰痛・冷え性・頭痛・眼精疲労・便秘]。
これらのどれか当てはまる方は、猫背を改善すると、その症状も改善されることがいえます。

冷えやむくみの解消

猫背が改善することは身体の歪みを改善すること。
身体の歪みによって圧迫されていた血管が元どおりになり、足先への血液の流れや、リンパの流れ潤滑にし、冷えやむくみを改善できるでしょう。

基礎代謝アップ

基礎代謝が上がると、「痩せやすい身体」になれます。
冷え性を改善すると体温が上がり、常時35℃台だった人が36℃台になるとどうなるかご存じですか?

体温が約1℃あがると、「基礎代謝量」が10%あがるんです。

つまり、普通に生活しているだけで消費されるカロリーが10%も増えるということになります。

ポッコリお腹改善

骨盤が後ろに傾いた状態は、下腹だけ前に出てしまうことに。

下腹がでてしまう原因は、脂肪だけではありません。
猫背の場合も注意です。

正しい姿勢を手に入れられれば、ポッコリと年齢を感じてしまうような下腹も改善できます

自律神経の働き正常化

前傾姿勢で前かがみになると、胸を開いて十分な呼吸ができなくなります。
それは、呼吸が制限されてしまい「浅い呼吸」になってしまうということ。

猫背を改善し、背筋を伸ばすと、しっかり深い呼吸ができるようになるんです。

ストレスなどで息苦しくなった時に、深呼吸すると楽になることありますよね。

浅い呼吸で良いことはありません。

呼吸は、自律神経の働きを正常化するのに必要不可欠です。

前向きな気持ちになれる

その人の周りから見た印象、「自信」や「見た目の美しさ」を左右する姿勢。

見た目だけに影響を与えると考えていませんか?

実は、精神的な影響もあるんです。

ヒトは気づかないうちにうつむきがちになっていることもあります。

猫背だからネガティブになる」のではなく、「ネガティブだから猫背(前傾)になっていく」かもしれません。

ヨガで姿勢を正すという心構えが、気持ちを前向きなものに変えてくれるんです。

気持ちが前向きでポジティブになると、徐々に目線も未来を見据えた前向きなものになっていくのではないでしょうか。

ヨガで手に入れることができるものは、姿勢などの身体的なものだけではありません。
むしろ、精神的な要素の方がヨガの本質といえます。

前の項目の「呼吸」に繋がりますが、

他にも、集中力を高める脳波「アルファ波」がでたり、幸せホルモンである「セロトニン」の分泌が促されて、穏やかな気持ちで生活できるようになれます

猫背改善に効くヨガポーズ3つ

猫背改善に効いて、初心者の方でも比較的簡単にできるヨガポーズのご紹介です。

猫と牛のポーズ(キャット&カウ)

背骨周りの筋肉をほぐして、ゆったりとした呼吸を使い、気分もリフレッシュ

猫と牛のポーズのやり方

①四つん這いの姿勢になる
②両手は両肩の真下。足は肩幅で、膝を腰の真下に。
③息を吸いながら、お尻は天井へ、腰と背中を反らせます。このとき顔は斜め上。(牛のポーズ)
④次に、息を吐きながら背中を丸めます。
⑤背中を天井へ、おへそをお腹へ引き込むイメージ。頭は下向きです。(猫のポーズ)

滑らかな背骨の動きを意識しながら、骨盤の開閉を感じましょう

三日月のポーズ(アンジャネーヤーサナ)

背骨と骨盤の筋肉にアプローチ。
猫背改善はもちろん、むくみやだるさを解消するポーズです。

三日月のポーズのやり方

①直立の状態から左足を大きく後ろに下げます。
②右ひざを曲げながら、両手を右足の横につきます。
③左の膝と足の甲をマットにつけ、両手を右足の膝上にのせます。
④吐く息で、腰をゆっくり沈めます。
⑤両手を天井に伸ばし、頭上で合掌。
⑥両脇が伸びていることを意識し、3~5呼吸おこないます。
⑦肩の力を抜いて呼吸しましょう。
⑧反対足も同様におこなう。

上半身がふらついてしまう方は、前の脚の親指の付け根と足の甲でマットをしっかり踏み支えるイメージでおこなってみると◎

鷲のポーズ(ガルーダーサナ)

肩こりの改善にも効果があります。
上手にできるくらい繰り返すと、背筋が伸びて美しい姿勢を手に入れられるかも。

鷲のポーズのやり方

①直立の姿勢から両ひざを曲げます。
②右足を左足へひっかけます。
③さらに足を深く組みます。
④両手を広げ、左腕を上にしてクロス
⑤手の甲を合わせます(余裕のある方は手のひらを合わせます)。
⑥左足のかかとを踏み込み、息を吸いながら肘をあごの高さまで。目線は指先。

体が硬くてきつく感じる方は、脚を深く組まなくても大丈夫。壁の近くで手をつきながらおこなうと安心です。

 

猫背改善のためのヨガ動画

こちらはヨガ動画で改善したいという方のためのヨガ動画です。
先ほど、ご紹介した3つの猫背改善ポーズも取り入れています。

13分の動画です。
毎日おこなうことが、改善への近道となります。


ゆいこヨガチャンネル

YouTubeへ

よかったらチャンネル登録お願いします


 

  • この記事を書いた人

YUICO

元ヨガ講師。産後の体型を改善しようと自主トレを続け、物足りずジムに通うも、育児・仕事との両立が大変に。そこでオンラインフィットネスに出会う。ライフスタイルを大切にしながら、現在164cm,52kg,体脂肪21%と健康的で女性らしい数字を手に入れ、フィットネスの魅力にハマる。

-自宅ヨガ