クリパルヨガはどんな人に向いてる?その特徴と効果を知ろう!

クリパルヨガ」って知っていますか?
そこまでメジャーではない名前ですがヨガの流派のひとつです。

今回は「クリパルヨガ」の特徴と3段階あるステージ、そして3つの主な効果についてご紹介します。

クリパルヨガとは

インドのスワミ・クリパル氏の教えに基づいて、アメリカにある「ヨガセンター」で指導がおこなわれているヨガ流派のひとつです。

クリパル」には「慈しみ」の意味があります。
「慈しみ」は「相手」を思いやるという意味をもっていますが、クリパルヨガの場合その対象は「自分」になります。

クリパルヨガの目的

クリパルヨガの目的は「自分自身を深く理解し、受け入れること」です。
ポーズの完成が目的ではありません。

ポーズを通じて自分がいまどういう状態なのかヨガを通じて知ることが目的です。

クリパルヨガの特徴

パワーヨガやエクササイズ系のヨガとは少し違い、セラピー的要素が強いクリパルヨガ。

クリパルヨガは3段階ある

 

step
1
自分の限界を知る

まずは「」の自分の状態を知ります。
自分の体はどこまで動けてどれくらい集中力があるのか、アーサナとプラーナを通して自分と向き合うためのステージです。

どちらかというと、身体的な要素の強い段階です。

step
2
精神や心に意識をシフト

同じ姿勢で長くキープできるように筋肉の使い方や呼吸の仕方を工夫し、おこなっていきます。
それと同時に心の動きにも集中します。

ステージ1よりもさらに「自分を探求していく」段階です。

step
3
ポーズをとらなくても瞑想状態に

ステージ1と2は「瞑想をする準備の段階」とするならステージ3は瞑想の実践です。
瞑想状態に入る段階」へと進みます。

余計なことを考えずに、無の状態になることが理想です。

最終的にポーズをとることなく瞑想状態になり、日常的にも取り入れることが最終段階となります。

クリパルヨガの効果は3つ

クリパルヨガの主な効果は3つあります。

①ヒーリング効果
②自主性が磨かれる
③より質の良い瞑想が身につく

①ヒーリング効果

社会にあふれるストレス」と「ヨガのポーズを通して表面化された問題点」を重ねてみてください。

ヨガポーズを通して、自分と向き合うことでみえてくる表面化された抱え込んでいる問題点
そこに対応していく術が身につくと「社会にあふれるストレス」にも対応できるように潜在的に訓練されていきます。

いつのまにかストレスも悩みも自己解決できるようになる。

それは本当の意味での「ヒーリング効果」といえるのではないでしょうか。

②自主性が磨かれる

クリパルヨガの教室では、ある程度慣れてくると指導されるばかりでなく自分でポーズをとっていくスタイルになることも多いです。

ポーズや動きに自信がつき、軸をつくることで自主性の向上につながります

ポーズの流れの中で、このあと自分がどうしたいかを考えおこなう自分次第のヨガを体現します。

③より質の良い瞑想が身につく

ヨガで大事なことは余計なことを考えずに、自分と自分の呼吸に集中すること。
クリパルヨガは3ステージを段階的に踏んでいくことが特徴です。

段階的にクリアしていくことで、自然とあらゆるポーズの中で瞑想状態になることができるようにできています。

クリパルヨガが向いている人

「向いている人」といいましたが、個人的にヨガに向いている向いてないはないと思ってます。
なのでどちらかというと「合う」か「合わないか」になります。

効果や特徴からみるクリパルヨガはこんな人に合うヨガではないでしょうか。

●ヨガの目的がセルフケア
●受け身の自分を変えたい
●自分自身の成長を求めている
●充実した毎日を過ごしたい

クリパルヨガは、汗をかきたいとか痩せたいとか筋力アップしたいという人には少し物足りないヨガです。
(もちろん選ぶポーズに依存します)

ある程度のダイエット効果や体幹を鍛えることはできますが、大きな効果があるのはやはりもっと動きのある「パワーヨガ系」です。

クリパルヨガは何度かご説明している通り「セラピー要素重視のヨガ」になります。
ただ、呼吸や瞑想について深い理解を得たい場合はクリパルヨガをおすすめします。

自宅ヨガを始めたい人に特におすすめ

何度も繰り返しますが、クリパルヨガはポーズを正しく取れているかではなくポーズの中でいかに自分と向き合えるかに重点を置いています。

自宅でヨガを始めるときは、指導してくれる先生がいないからうまくできているかわからず不安な時もあるでしょう。
クリパルヨガならその心配はありません。

クリパルヨガの教室でも、先生はポーズ中にあまり声掛けはしません。

それは、個人の体験に集中を促すためです。

初心者で誰かに教わらないとできないと考えている方も多いと思います。
でも、クリパルヨガはその必要はありません。
おうちで動画や本などでポーズを練習することで自分と向き合うことができればそれでいいんです。

クリパルヨガの考え方をぜひ取り入れて自宅で練習してみてください。

クリパルヨガにおける代表的シークエンス「月礼拝」

クリパルヨガの代表的なシークエンスとして、米国のクリパルセンターの講師たちが考案した「月礼拝」があります。

対をなす「太陽礼拝」の力強いシークエンスに比べ、ったりリラックスできて夜寝る前におすすめのシークエンスとなっています。

女性的な横の動きが多く、月が持つエネルギーに触れながらおこなう神秘さも感じられるヨガです。

初心者の方は、まずは寝る前の月礼拝を習得することに集中するのもありです。

クリパルヨガを取り入れているヨガ動画

クリパルヨガで決められたシークエンスは基本ないんですが、月礼拝は例外です。

動画を見ながら繰り返しおこなってポーズを覚えていきましょう。

まとめ

クリパルヨガはヨガブームのきっかけとなったエクササイズ系のヨガとは少し違った特徴があります。

形にもとらわれることなく「自分自身と向き合って瞑想状態に入るヨガ」です。

自分の状態を知ることは、いま自分がしたいことやできることを知ること。

それは、受け身だった自分から、新たな挑戦をする能動的な人生を歩む自分へと変わるきっかけにもなるかもしれません。

 

ゆいこヨガチャンネル

YouTubeへ

よかったらチャンネル登録お願いします


 

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

YUICO

元ヨガ講師。産後の体型を改善しようと自主トレを続け、物足りずジムに通うも、育児・仕事との両立が大変に。そこでオンラインフィットネスに出会う。ライフスタイルを大切にしながら、現在164cm,52kg,体脂肪21%と健康的で女性らしい数字を手に入れ、フィットネスの魅力にハマる。

-自宅ヨガ