【骨盤矯正ヨガ動画】ゆがみを整えたら痩せる?効果的なポーズ8つ

骨盤矯正ヨガって知っていますか?

はっきりとしたジャンルではないですが、近年注目を浴びているヨガのやりかたのひとつです。
骨盤のゆがみを改善する効果は、もともとヨガのポーズが持っているポテンシャルです。

その効果は、とてもいいことばかりです。だから注目をあつめたんですね。
今回の記事の後半では、その中でも骨盤の歪みを矯正できるポーズをご紹介します。

では、まずは理解を深めるために「骨盤」について詳しく知っておきましょう。

>>骨盤矯正ヨガのポーズをさっそく見る

骨盤の歪みって?

骨盤の歪みは、骨盤を形成する3つの骨の周りの筋肉や靱帯が伸びたりするとおきてしまいます。

その「骨周りの筋肉や靱帯」が原因で、骨盤を形成する3つの骨が、ズレたりねじれたりすることで起きてしまいます。

骨盤が変形してしまうこともあるんです。

この骨の結合部分のズレを「骨盤の歪み」と呼びます。

骨盤が歪んでしまう理由

こんな人は骨盤の歪みに注意です。

・仕事などで長時間座ることが多い
・猫背で姿勢が悪い
・身体が固い
・片足に体重をかけて立つ
・足を組む癖がある
・鞄を持つ手がいつも同じ

以上のようなことが骨盤が歪んでしまう原因となります。

心当たりあるかたは普段の癖や姿勢を意識することも大切です。

骨盤の歪みが原因で起こる症状

症状

■肩こり・腰痛

■冷え性・むくみ

■痩せにくくなる

■内蔵機能低下

■坐骨神経痛

この他にも、おしりが垂れて見えたり、О脚やx脚など骨盤の歪みは、さまざまな症状をひきおこします。
血流が悪くなり、冷えやむくみにつながったり、坐骨神経痛になったら、動くのもたいへんになります

良いことなんてありません。すぐに改善しましょう

骨盤矯正ヨガで痩せる理由

と、骨盤の歪みについてご説明しました。

そして本記事のテーマですが、「骨盤矯正ヨガで痩せる理由」です。
骨盤の歪みをなおすと、ダイエット効果が期待できます。

骨盤を整えると痩せやすくなる

ダイエットとは一見関係ないようですが、実は関わりがあるんです。

骨盤が歪むといわゆる「ぽっこりお腹」になったり、基礎代謝が低くなったり、体幹がうまく使えないことでダイエットの効果が出にくくなります。

骨盤を整えることで、血流がよくなり、基礎代謝が上がって、本来の体幹の使い方ができることでダイエット効果も高まるんです。

骨盤矯正ヨガは痩せることができて、美ボディを手に入れることができるということになります。

>>スカーサナができないときの対処法
>>股関節を柔らかくする方法
>>「ヨガ後の食事は太る?」の真相。

骨盤矯正ヨガの効果

骨盤矯正ヨガでは痩せる理由はわかりましたが、他にもからだに良い影響がたくさんあるんです。

■冷え性やむくみ改善
■猫背・腰痛・肩こり改善
■内蔵機能を高める

猫背がなおり、姿勢がぴしっとなることで前向きな自分になれるし、かっこいい立ち姿になれるだけでなく、内臓の圧迫も防ぎます。

内蔵の圧迫がなくなると内蔵機能が高まり、腸の活動が活発になって便秘改善にもつながります。

それに、カリフォルニアの大学の研究成果では「姿勢が良いとストレス耐性が高まる」なんてデータもあるんです。

骨盤矯正ヨガで注意すること

骨盤矯正ヨガをおこなうとき、注意をするべきことがあります。
それは絶対に無理をしないことです。

良い効果ばかりの骨盤矯正ヨガ。

他のヨガにも共通していえることですが、少しきついと感じたら「気持ちいい」「イタ気持ちいい」程度でとめましょう。

無理してポーズをおこなおうとすると、さらに体を痛めてしまうことになってしまうかもしれません。

骨盤の歪みはそう簡単に改善できません。
もともと腰痛持ちや、体が固い人などは頭に入れておきましょう。

骨盤の歪みを整えるヨガポーズ8つ

猫のポーズ(マルジャリャーサナ)

骨盤を傾ける猫のポーズ、腰痛の予防や腹筋運動にもなります。

骨盤や背中に意識を置くことでより効果アップにつながりますよ。

ポーズのやり方

1.両手両ひざをつき、四つん這いに。

2.両ひざは腰の真下、目線は下。

3.息を吐きながら、背骨を丸くして天井に突きだすイメージ。

4.頭は下に向けますが、あごを引きすぎない。

5.息疎水ながら四つん這いの形に戻る

鷲のポーズ(ガルーダアーサナ)

脚を絡めることで、骨盤を閉め股関節周りをのばします。

ポーズのやり方

1.片足を反対側の腿にかける。

2.両腕をクロスし、合掌する。

3.片や腕に痛みがあるときは手の甲でOK。

4.背筋を伸ばし、腰が反らないようにする。

5.肘を肩の高さあたりまで引き上げます。

6.その状態をキープ。

牛面のポーズ(ゴムカーサナ)

ポーズのやり方

1.杖のポーズで座った状態から、左右の膝を重ねるように足を組む

2.息を吸いながら右手を上にあげ、息を吐きながら肘を曲げて背中に回す

3.左手は下から後ろへ肘を曲げ背中に回す

4.このとき親指は下向き

5.右手と左手を背中でつなぐ

6.目線は前、あごを上げすぎないように

三日月のポーズ(アンジャネーヤーサナ)

リンパの流れを良くし、デトックス効果や全身のだるさ解消に期待できます。

ポーズのやり方

1.四つん這いから、おしりを上に引き上げ「ダウンドッグ」のポーズに。

2.息を吸いながら右足を床についた両手の間まで持ってくる。

3.左ひざは床につける。

4.息を吐きながら左足の甲を床につける。

5.息を吸いながら上体を起こす。

6.両手を前へ突き出す。

7.そのまま両手は合わせながら天井へ。

8.このとき体が軽く反った状態。

9.反対側も同じく。

合せきのポーズ(バッタコナアーサナ)

股関節のストレッチ効果があります。

骨盤が刺激され、血流が促されることで、内臓の働きを活発にします。

ポーズのやり方

1.あぐらをかくように座る。

2.足の裏をあわせる。

3.呼吸に合わせてゆっくりと前へ上体を倒す。

4.深い呼吸を繰り返して股関節周りを開放するイメージ。

立ち木のポーズ(ヴルクシャーサナ)

姿勢の矯正とバランス感覚を養います。

下半身の柔軟性アップも期待できます。

ポーズのやり方

1.足を閉じて直立。

2.右足を太ももの付け根まで持ってくる。

3.右ひざをゆっくり左ひざの高さまで下げる。

4.腿まで上げた足が下がらないように合掌する。

針の穴のポーズ(スチランドラーサナ)

股関節を動かして、おしりと腿がのびます。

下半身の血行促進につながります。

ポーズのやり方

1.仰向けになり両膝を立てる。

2.右足首を左膝にかける。

3.右足首は90度。

4.左の裏腿を両手で抱え込む。

5.そのまま息を吐きながら胸のほうへもってくる。

6.腰が丸まらないことを意識する。

鳩のポーズ(カポタアーサナ)

ちょっと上級者向け。

無理はせずに、できない場合はほかのポーズに挑戦してください。

ポーズのやり方

1.あぐらの姿勢から手を前につき、右足を後ろへのばす。

2.上半身をしっかりと起こす。

3.後ろへ伸ばした足の膝を曲げ、右手で足先をつかむ。

4.もしできたら、肘を天井へ向け深い後屈に。

骨盤矯正ヨガのおすすめ動画

骨盤矯正ヨガは毎日おこなうことが大事

骨盤矯正ヨガがおすすめな人

●ダイエットしたい人

●猫背を治したい人

●産後のママさん

骨盤は、毎日大きな負担がかかっています。

1日2日「骨盤矯正ヨガ」をおこなった程度では次の日にはもとどおりになってしまうことがほとんどなんです。

その日の骨盤の歪みを、その日のうちに改善してしまうことが理想です。

寝るまえにたった10分程度ストレッチ効果の高い「骨盤矯正ヨガ」で、慢性的な腰痛や今回ご紹介した身体への良い影響を得られます。

ポーズも自宅で簡単にできるものばかりです。

ぜひ毎日続けてみてくださいね!

>>太陽礼拝と月礼拝の違いや特徴・ポーズ

>>【月礼拝の動画】腰痛・生理痛や骨盤のゆがみに

  • この記事を書いた人

YUICO

元ヨガ講師。産後の体型を改善しようと自主トレを続け、物足りずジムに通うも、育児・仕事との両立が大変に。そこでオンラインフィットネスに出会う。ライフスタイルを大切にしながら、現在164cm,52kg,体脂肪21%と健康的で女性らしい数字を手に入れ、フィットネスの魅力にハマる。

-自宅ヨガ